借入れ ブラックOK


ブラックOKの金融店舗はテレビCMを打っていないような知名度の低い会社になるので、比較サイトやまとめサイトから店舗を探して申込む流れになっています

まとめサイトの例がこちらです

↓ ↓ ↓ ↓ ↓



基本的にテレビCMを行なっているような、銀行と提携してるレベルの大手消費者金融は延滞や債務整理、自己破産などのデータを共有管理しているため、情報が登録されてしまうと消えるまで借入れができなくなってしまいます

またその期間も内容によって異なりますが最長で10年も情報が消えないので大手金融で融資を受けることは絶望的と思った方が良いです

ですが借入れが一切できない訳ではなく、大手よりもマイナーな中小消費者金融で借入れは問題なくできます

これは延滞などの事故情報を重視せず今現在の収入状況を重視しているということだったり、そもそも大手が有名過ぎて事故情報が登録されていない顧客が全然申し込んでこないので事故者でも融資をしていかないと会社が経営できないといった事情もあります


ブラックでも借入れ


ブラックでも借入れできる店舗は中小金融に限られますが、その中でも事故歴の重さによって申込む店舗を変えた方が良いという傾向があります

一概にブラックと行っても自己破産した方から多重申込をした方まで事故歴の内容はかなり異なりますし登録されてからの経過期間というのもバラバラです

なぜ金融店舗は事故歴を見るかといえば「確実に返済してくれるか?」の基準にしているからであって、単純に内容だけみれば「一週間前に自己破産した人」と「収入はあるが同時に複数店舗で申込みを多くした人」では後者の方がキッチリ返済してくれそうなのは間違いありません

消費者金融の世界では知名度が高い順に事故歴がない、もしくは軽い人が多く申込みをしていきますので自己破産歴があるような比較的重めのブラックはより知名度の低い店舗に申込みをしないと融資を受けられない可能性があります

とはいえ自己破産の情報があと半年ほどで消えそうで収入もしっかりあるなら、ある程度の知名度な店舗でも融資が降りるかもしれませんし、結局のところは申し込んでみないと分からないという部分が多いものです

そもそも今現在ブラック属性で至急借入れをしたい訳ですから、申込む前から考えるよりも審査に落ちてから色々考えた方が早いという話もあったりしますね


事業資金借入れ ブラック


いわゆるブラック属性と言われる金融事故情報(事故歴)は消費者金融を利用して延滞などの金融事故を起こせば必ず登録されるものなので、借りた目的が個人的な用途であろうと事業資金であろうとあまり関係がないというオチがあります

ただブラックの方が事業資金を借りる場合と個人用途の借入れをする場合では少々話が変わってくるかもしれません

どちらの場合でもブラックにも融資している金融会社は確実に返済してくれるかを収入や売上などから審査しています

事業主である場合は売掛金がある業種も多いので、つなぎ資金として借入れをしたいということであれば融資も降りやすいと思われます

この辺りは消費者金融側の好みもあったりしますから、一社ダメでも落ち込まずに次の会社で審査を受けた方が良さそうです
カテゴリ一覧
RSS
RSS 1.0
RSS 2.0